「正社員の年収激減」2020年4月からの理由と対策

「正社員の年収激減」2020年4月からの理由と対策

2020年4月からサラリーマンの年収が「本格的に」低くなる理由と、その対策についてご紹介いたします。

なお、動画で見たい方は以下リンクよりどうぞ。

正社員の年収が激減する理由

端的に申し上げますと、2018年6月に成立した働き方改革関連法が20年4月から本格的に施行されるからです。

特徴は2点

  • 残業規制
  • 同一労働同一賃金

残業規制

残業規制については大企業が19年4月から対象となっており、すでに残業代が激減した人が続出しています。

20年4月からはいよいよ中小企業も規制の対象になるんですよね。

中小企業の社員で、残業代込みで年収を維持していた人は、生活が苦しくなる可能性が高いです。

同一労働同一賃金

残業規制よりも企業に対する影響が大きいといわれているのが、同一労働同一賃金です。

これは、同じ仕事をしている社員については、正社員と非正規社員との間で原則として待遇格差を設けてはいけないというものです。

いよいよ20年4月から施行となります(中小企業については21年4月から)。

厚生労働省公式Webサイト「同一労働同一賃金ガイドライン」1つ抜粋すると、基本給の「問題になる例」として、以下のように書かれています。

(問題となる例)
基本給について、労働者の能力又は経験に応じて支給しているA社において、
通常の労働者であるXが有期雇用労働者であるYに比べて多くの経験を有することを理由として、
Xに対し、Yよりも基本給を高く支給しているが、Xのこれまでの経験はXの現在の業務に関連性を持たない。

画像参照:同一労働同一賃金ガイドライン

要は、その業務と無関係の経験しかないのに、勤続年数が長い正社員という理由だけで、

非正規社員より基本給を高くするのは問題になるということです。

2020年4月以降、各企業はこれらの事例に照らし合わせながら不合理な待遇格差が生じないように取り組む必要があります。

結果として起こること

  • 非正規雇用の待遇UP
  • 正社員の待遇ダウン

非正規雇用の待遇UP

まず非正規雇用の待遇は上がることになります。

派遣社員も来年4月から退職金がもらえるようになるという話も出ていますね。

「派遣時給に退職金相当の6%分を上乗せして支払うことも選択肢の一つとする—」

厚生労働省は2019年7月8日、こういう趣旨の通達を都道府県労働局長に出しています。

正社員の待遇ダウン

非正規社員の賃金が増えた分は、正社員の賃下げで対応しようとする企業が出てくるでしょう。

基本給を減らすのは難しいので、各種手当てから削り取られていきます。

たとえば役職手当、住宅手当、地域手当、通勤手当など各企業ごとに色々な名称で付与されている手当がありますよね。

手当てに頼って年収を確保していた人は、大幅な年収ダウンとなります。

手当てダウンの例

日本郵政グループは、正社員だけに払ってきた扶養手当を一部の非正社員にも払う方針を固めた。

来年4月から関連法が施行される「同一労働同一賃金」を見据えた対応で、今春闘で日本郵政グループ労働組合(JP労組)が求めていた。

一方、既存の扶養手当のうち配偶者手当は半減する方針で、年収が下がる正社員も出る見通しだ。

参照:日本郵政、非正規に扶養手当 正社員の配偶者手当は半減

2020年4月以降「短中期の未来」

オリンピック後の反動で日本は短中期では不景気になると思っています。

  • 早期退職の加速
  • 固定費削減

早期退職の加速

まず早期退職を促すことが、不況もあって今後は加速していくかなと。

でも今の現状では優秀な人から先に辞めて退職金も上乗せ払い。

好条件でライバル外資企業とかに転職とかしていくので、ますます会社がじり貧になっていきかねないなと。

残った人はいわゆる会社にしがみ付いていないと生きていけない人(窓際族)。

よく45歳以上を対象とか目にしますけど、今後は対象年齢を広げそうですね。

固定費削減

まずは家賃を下げるためにオフィスの移転も検討されるでしょうね。

また、賃金の上がった非正規雇用の雇止めも発生すると思います。

リーマンショックの時に話題になった「派遣切り」とか、また起きるかもしれません。

チャイカプ(私)
私は当時人材会社に勤めていました。

そこでは派遣やパートさん100人くらい雇っていましたが、

一気にリストラされましたね・・・。

そして残った正社員でサービス残業して穴埋めするというブラック企業が多発という地獄の未来があるやも。

2020年4月以降「長期の未来」

  • 解雇規制の撤廃(終身雇用の撤廃)を目指す
  • 年功序列の廃止(窓際族)

長期の未来ではこの流れでしょうね。

もはや日系企業には、成果に直結しない正社員を雇っていられる体力は残れされていません。

Tweet

大手企業の従業員を減らしたランキング(2015年)

最近は富士通、コカ・コーラが45歳以上の社員リストラで話題でした

会社に言われた通り真面目にやってきただけの人間だとクビを宣言される

10〜20年後も使えるスキルは断定できないので、自分でお金を稼ぐ習慣を今のうちに身につけておくべきですね😊

ただ正社員でいるだけではじり貧の未来が待っています。そこでわたしたちができる手段は大きく3つあります。

年収激減しそうな正社員が実行すべきこと

  • 今の会社でスキルUPして稼ぐ(昇進・昇格)
  • 働きながら別で稼ぐ手段を身につける(副業)
  • 働きながら別で稼ぐ手段を身につけて移住する(海外)

今の会社でスキルUPして稼ぐ(昇進・昇格)スペシャリスト

1つは今の会社でそのまま頑張る道ですね。仕事内容、人間関係に問題がないのであれば、この道もありです。

ただし、注意すべき点が2つあります。

1つはゼネラリストではなくスペシャリストへいくこと。この道を選ばないとクビ切り候補、一直線です。

「なんでもできます」というのは、「どれも深く理解できず、スキルがありません」とも言い換えられます。

社内異動で職種転換しまくっていると、いざというときに強みを持たないヤバイ人になりかねません。

もう1つは自分の目指す上司(or上司の上司)がきちんと報酬をもらえているか?

どんだけ頑張っても未来が残念なら、1秒でも早く頑張る場所を買えましょう。

Tweet会社を辞める気が無い人ほど、転職活動は定期的にした方が良い理由

☑️自分の市場価値を確認できる
☑️昇給査定の時に給与交渉しやすい

「この会社辞めても、私って需要あるのね!」って思えれば、普段の仕事でも変に卑屈にならなくていいし、飲み会も一切いかずに大胆に振る舞えます。笑

常に転職市場で自分の価値を確認しておきましょう。

働きながら別で稼ぐ手段を身につける(副業)

Tweet「今の会社で成果を出せてないのに、転職や副業しても結果なんて出ないわ(嘲笑)😏 逃げ乙」

みたいな人いたけど、これ半分は嘘だね

色々辞めてニートして、副業も35歳を過ぎて始めたけど、いまが1番楽しいし稼げてる

それぞれの場所で努力するのは前提だけど、輝ける「環境」を選ぶ方が大事だよね

よほど伸びている業界でもない限り、会社内のでポジションも限られています。

会社も無い袖はふれません。冒頭でも申し上げたように、これからは減給していく人は増えていくはず。

そこで副業ですよね。わたしも35歳からはじめましたけど、きちんと安定して稼げるようになりました。

働きながら別で稼ぐ手段を身につけて移住する(海外)

個人的にオススメしているのがこの形です。わたしもやっています。東南アジアで生活コストを抑えて、リモートで稼ぐ。

ノマドが注目を浴びがちですけど、ノマドじゃなくてもできますからね。

最近は駐妻しながらリモートで稼いでいる人も増えてきました。

ブログ、YouTube、Instagramなどを活用して毎月10万円以上稼ぐ人、受託で月に30万円稼ぐ人もいますね。

そして今後は海外で会社員をしながら副業をする人は増えていくんじゃないかなと。

チャイカプ(私)
私の知り合いでもコールセンターで働きながら、エンジニアとしてリモートで案件を受けて稼いでいる人がいますね。

エンジニア収入の方が圧倒的に多いようです。

海外で職を得る方法は以下のリンク先を参照にどうぞ。

正社員の年収激減:まとめ

まとめます

  • 非正規雇用の待遇UPに伴って正社員の賃金が下がる
  • 短中期では早期退職の加速、非正規雇用の雇止め
  • 長期では終身雇用の完全撤廃&年功序列の廃止
  • 副業、生活コストを抑えた海外移住がオススメ

大企業への同一賃金同一労働、中小企業への残業規制。

これらが始まるのが20年4月です。いよいよ本格的にサラリーマンとして生き残るための過酷なレースが始まります。

今年は副業大航海時代の幕開けともいえる年になりそうですね。

副業の話や海外生活の話については他の記事や動画でも発信していますので、ぜひ確認してみてください。

チャイカプ(私)
これから副業を始める人へ。注意点、稼ぎ方、税金対策などをまとめた記事一覧は下記リンク先から確認してみてください
完全網羅
\副業の始め方/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

チャイカプ

タイで複業(パラレルキャリア)をしています。2013年12月から海外就職。日本と海外の人材業界における経歴は合わせて6年程度。転職支援×Web Marketingが強み。35歳から複業開始(2サイト運営)。▶詳しいプロフィール