タイ就職、現地採用インタビュー 奥平 浩二郎さん(前編)




現地採用者としてタイ・バンコクで働く人へのインタビュー。
第1回目は人材紹介会社のパソナで働かれてる奥平さんです。

SPONSORED LINK

genchisaiyou interview
※2014年7月現在

—<簡易プロフィール>————————————————————————–
奥平 浩二郎さん 28歳(2014年)、東京大学理学部卒。

—<経歴>————————————————————————–
2009年4月に新卒としてパソナキャリア(https://www.pasonacareer.jp/)に入社。
再就職支援、人材紹介事業部を経て2013年1月よりパソナタイランドにて現地採用として勤務。
————————————————————————————

 

・日本でのお仕事は具体的には何をしていましたか?
再就職支援の営業職を約1年勤務後、人材紹介事業部のWEBマーケティング事業部に配属されました。
ここには約2年いました。コンテンツ作成、アフィリエイトとリスティング対応に加え、
イベント運営や顧客満足度アンケートの実施等の管理部門業務も兼任していました。
その後6ヶ月間、部署を移りIT向けのキャンディテイト担当をしていました。
  
・仕事はどうでしたか?
入社当初は、普通の新卒以下の自分の頭で考えない、考えの浅いプータローでした。
しかしたまたま部署が人材紹介部門に移って、1個上の先輩が仕事や人生に熱い人で。
 
「お前が社長ならどうする?」
「なんでこの仕事やってるの?」
「お前は結局何をしたいの?」
 
こういう質問を平気で言ってくる人でした。
当時の自分はそんな質問に答えられるような意見は持っていませんでした。
一緒に働いているうちに、「本当になんだろう?」って毎日毎日考えるようになって。
  
それがないと、「だから今この仕事をやるべきなんだ」と落とし込めないですよね。
自分で仕事を作ることもできないし。
何の為に仕事やるかをもっていないとモチベーションを保つのも難しいですよね。
  
自分なりの考え方を持とうと思って社外のイベントなどに参加してみると、
そのような場所にはご自身の考えをしっかりと持った人達が集まってきて、
自分だけ考えをもっていないのが恥ずかしいなと感じていました。
  
ただ今思うと、まぁよく分からない恥ずかしさなんだですけど。
とにかく一生懸命自分の考えとか意見を考え続けていると、
なんとなくやっていた仕事を自分ごとに落とし込んで仕事ができるようになりました。
  
それからは良い意味で会社のためでなく、自分のために仕事をするようになりました。
主体的に取り組めるようになれたのがよかったですね。
そういう視点を持つ先輩に社内で会えたのはラッキーでした。
   
・何故、日本での仕事をやめたのですか?
正直に言って、労働集約型の人材サービスにはあまり興味を持てなくて。
自分の将来のことも考えて転職も含めて色々考えていたところ、
社内でタイ支店を立ち上げの話を聞きました。
  
元々、海外には興味あったので直談判してみたら通りました。
エイヤ!ですね。
   
kaigaishushoku Interview
   
・なぜ海外に興味をもったのですか?
大学時代に1ヶ月ほどカナダに語学留学をしていた経験が大きいですね。
この時の経験でモノの考え方が広くなりました。
自分の常識だと思っていたことが、
日本人の常識で勝手に思い込んでいただけなんだなと分かりました。
  
あとは海外に友人ができて、世界の問題を主体的に、
当事者意識を持って捉えることができるようになりました。
(例:トルコの地震でトルコ人の友達が心配になる、とか)。
それから物事を許容できる幅が広がったように感じます。
  
それだけ人としてやさしくなれたのではないか、と。
こういう感覚を持つ人がもっと増えたら、
世の中がもっとよくなるのではないかな、と。
  
世界の出来事が身近になることで他の国のことが自分事のように捉えることができたら、
世界平和、とまでは言いませんがもっと生き易い世の中になるのではないかなと思いました。
  
カナダに行く前の自分のような、
そういうことを経験できていない人を、
世界をつなげることができたらなぁと思ったのがきっかけですね。
   
・よく日本にいながらその思いを持ち続けられましたね?
日本ではシェアハウスに住んでいて、そこで在日の外国人と交流会をやったりしていました。
語学学校の生徒はネイティブの友達ができなくて困っているという情報を耳にして、
そこから語学学校にアポを取って趣旨を説明して~という感じです。
  
1回目は交流会。普通に仲良くご飯。
2回目は現地の政治・経済状況を直接聞きたいなと思っていました。
メディアは実際の現地情報を伝えるよりセンセーショナルなことを伝えることが多いと思い、
現地の本当のことを知りたいなと。
その上で物事のきちんとした判断をしたいなと。そういう思いでやっていました。
  
そんなイベントなどをやりながら、自分が行ってもいないのに
海外と日本をつなぐとか説得力ないなと思っていましたし、
実際にどういう状況かは分からないので、海外に出たいなとより強く思うようになりました。
   
・何故タイを選ばれたのですか?
実はインドとかもっと世間一般で大変と言われている新興国に行きたかったのですが、
インドでは当社はビジネスとしてだいぶ定着していたので、
このタイミングで行くなら事業の立ち上げ経験できるタイのほうが面白いだろうな、と思い選びました。
  
・会社は現在(2014年6末現在)何人ですか?
従業員は全部で20人くらいです。日本人は自分含めて4人です。
現地採用として働いているのは自分だけです。
  
後編に続きます。
後編では仕事における苦労話、今後のキャリア観について書いております。
  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!