バンコクからパタヤ(Pattaya)まで。バスでの行き方




バンコクからパタヤ(Pattaya)まで行ってきましたので、その行き方や料金を紹介いたします。パタヤはバンコクの南東約150キロの場所にあります。

日本でいうと、東京駅からなら、

・北陸新幹線…軽井沢駅(長野県、146.8km)
・東海道本線…富士駅(静岡県、146.2km)
・中央本線…韮崎駅(山梨県、147.0km)

大阪駅からだと
・東海道本線…大垣駅(岐阜県、146.4km)
・山陽本線…熊山駅(岡山県、152.5km)
・山陰本線…和田山駅(兵庫県、144.7km=福知山線経由)

このくらい離れている感覚になります。

13692413_1176049305779416_842607829_o

バンコクからパタヤへ行く方法として、バス、タクシー、ロットゥー(ミニバン)、電車の4つの方法があります。結論から言いますと、おススメの交通手段はバスです。

本日は、

・電車
・ロットゥー(ミニバン)
・バス
・タクシー

特におススメのバスの行き方を詳しくご紹介いたします。

SPONSORED LINK

バンコクからパタヤ(Pattaya)まで電車で行く

参照:State Railway of Thailand

まず電車ですが、2018年3月17日より土日限定で「バンコク・ホワランポーン駅⇔バーンプルータールアン駅(パタヤ方面)特別路線」の運行を開始しています。

1日1往復で、列車番号は997と998。バンコク・ホワランポーン駅からバーンプルータールアン駅までの所要時間は3時間5分。

午前6時45分にバンコク(フワラムポーン)駅を出発し、午前9時13分パタヤ駅着、終点のバーンプルータールワン駅(チョンブリ県)に午前9時50分に到着する。運賃は170バーツです。

所要時間は3時間5分で、バスよりも遅いです。国鉄は出発も運行も時間が遅れる可能性が高いんですよね。そして出発も帰宅も1本しか指定できないのがネックなので、私は利用していません。

バンコクからパタヤ(Pattaya)までロットゥー(ミニバン)で行く

ロットゥーはあまり使うことをおすすめできないです。理由は、下記

  • 安全性
  • 所要時間
  • 乗りごこち

昔、大雨の日にロットゥーに乗ったのですがめちゃくちゃスピード出して危なかった思い出があります。

そして狭くて乗り心地が悪いですが、料金もバスと大差ありません。(バスの料金は108バーツ、ロットゥーは100バーツ)。

ロットゥーのチケット売り場はローカルタイ人の売り子さんが客寄せで声出していました。多少並んででも、バスでチケットを買うことをおススメします。

バンコクのエカマイからパタヤ(Pattaya)までバスで行く

13699543_1174800989237581_1067405760_o_thumb.jpg
BTSエカマイ駅から徒歩1分、スクンビットロードの偶数側にあるエカマイのバスターミナルより、出発です。3連休初日などは田舎に行く道は混んでいるだろうと予測。

ホテルのチェックイン開始が14時なので、通常であれば2時間程度で着くので12時出発でもよいのですが、9時30分にはこちらに到着しておりました。

13692344_1174800982570915_887047834_o_thumb.jpg

行き先によっては並んでいましたが、思ったほどは混んでいませんでしたね。ここの不便なところは、事前予約が一切できないことです。当日になって行って見ないと混み具合もわからないんですよねぇ。

13728263_1174800979237582_1956803050_o_thumb.jpg

この日はすんなりと10時出発のバスが購入できました。とはいえ、9時45分には売り切れていました。本数は多いようで、この次は10時10分予定のバスでしたよ。

13728507_1174800992570914_1264113474_o

料金は108THB(約300円)自分たちの前のバスの乗客が少ない場合、それに乗せてもらうことも可能です。

ただおばちゃんが「イヤー次のバスはいつ来るかわからないねぇ」ってボヤてたから、定刻は気にしても仕方ないかも。

13717958_1174801005904246_463332869_o_thumb.jpg

結局、10時に出て渋滞もあり3時間かけてパタヤ側のバスターミナルへ到着です。ここからビーチまでは歩ける距離ではないので、バイク・タクシー・そしてこのソンテウなどが移動手段となります。

タクシーを使おうと思っていましたが、ソンテウのおっさんにも値段を確認してみました。

今回泊まる予定のsiam bayshoreというホテルを言ったら50THB/人で行くとのことだったので、今回はソンテウで移動しました。

バンコクからパタヤ(Pattaya)までタクシーで行く

バンコク市内からパタヤへ行く専門のタクシーというのはありません。

バンコクからパタヤまでの距離は150kmもありますからね・・・。どうしてもタクシーで行きたい場合は流しのタクシーで行くことになります。

当然、通常のメーターでは行ってくれませんので、要交渉です。料金の相場は、1,500バーツ〜2,000バーツ(約5,100円~6,800円)/台程度が多いです。

どうせタクシーを使うのであればグラブタクシーがいいですね。見知らぬ土地でスマートフォンから簡単にタクシーを呼ぶことができるのは便利なサービスです。

パタヤから帰る場合も基本的にあちらではメータータクシーが走っていないです。なので交渉が必要になりますが、グラブであれば不要です。

スワンナプーム国際空港からパタヤへの行き方

日本や海外からの観光客は年々増えています。最近ではスワンナプーム空港から直接行く方も多いですね。

タイは残念ながら日本より治安が悪いです。運転手などは英語ですら通じないことも多々あります。

まだ旅慣れていない方や、せっかくの旅行なのでスムーズに旅をしたい方。そういう方は、空港⇔パタヤのホテルまでの送迎サービスを予約しておくのがおすすめです。

送迎サービスであれば、信頼のおける旅行会社から手配されたガイドが空港まで迎えに来てくれます。また、ガイドは日本語が話せるので、ホテルの場所を説明する際に意思疎通の心配もありません。

催行会社への問い合わせや緊急の連絡も日本語で可能なので、何から何まで安心です。空港送迎は飛行機の到着時間に合わせて迎えてくれます。

専用車対応なので、空港で重い荷物を持って他のお客さんを待つ必要もないです。日本語ガイド付でホテルチェックインもお手伝いしてくれますので、らくちんですね。

バンコクからパタヤ(Pattaya)までの行き方:まとめ

ある程度旅慣れた方、既にバンコクでホテルを取っている方はバスでパタヤに向かうことをおススメします。

あまり時間がない方、パタヤがメインの方、初めての旅などで慣れていない方は、空港送迎サービスを利用されるとよいですね。

パタヤへ行くなら、こちらも読んでみましょう

あわせて読みたい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!