日本人のリーダーシップ観~の記事を読んでタイ人の職業観をみる




責任の所在とはなんでしょうか。

 
executive-511708__180
面接官 「リーダーシップ」をとった経験はありますか?
学生 「はい、サークルのリーダーをやりました」というやりとりに見る、日本人のリーダーシップ観

 

詳しくは上記のリンクをご覧いただければと思いますが、
日本人の言うリーダーシップ観=「進んで誰もやらないことを引き受ける責任感」ではないか?
という内容の記事。

 

しかし、「リーダーシップ」に関する質問の意図は、別のところにある。
面接官が知りたいのは、「人の上に立つ能力」ではない。
では、何を知りたがっているのか。
 
実は、ほとんどの面接官が本当に知りたいのは
「進んで誰もやらないことを引き受ける責任感」だ。
 
そういった「責任感」は、マニュアルで身につくものではない。
また、人に言われて身につくものでもない。
そして「社会人だから持っている」というわけでもない。
それは、涵養されるものであり、人生が反映されるものであり、「当事者意識」そのものである。

 

日本企業は、多くの外資系企業と異なり、「職責」が曖昧である。
すなわち、「これは私の責任、これはあなたの責任」という
境界線がハッキリしていないのである。
 
だから、多くの日本企業の現場で重視されるのが、
「これは私の仕事ではない」と、言わないことなのだ。
仕事において、「これは私の仕事ではない」と事ある度に言う人は、職場で信用されない。。

 
 
確かに、会社の大小問わずそういう傾向はあるなぁと。
特にベンチャーだと色々とやってもらわないと仕事が回らないという現実的な問題もあります。
ここを掘り下げると話が変わっていってしまうので、
では実際にタイの日系企業で働いている場合だと、どうなるか?というお話。
 
 
基本的にはタイ人にそんな理屈は通用しません。
そのためタイの日系企業で働いていると、しわ寄せが全て日本人に回ってきている気がしますw
例えば先日。
 
 

A社に請求書を発行してくれない?
経理のSさん
届け先の宛名が分からないので、できません
じゃあ確認して対応してもらえない?
経理のSさん
それは私の仕事ではありません

 
 
キャプチャ
これはその時のメールです。
ぴしゃっと言われてますねw
経理に関連することなんだからそれくらい聞いておいてよ、、と思うわけですが、、、
 
こういうことが重なり、日本人の負荷増大⇒残業増
ということになったりしていますね。
単純に仲良くないからという感情論で断っているとかではなく、
 
「あくまでも会社として与えられた役割以外はやりませんけど何か?」
「仕事はあくまで金のため、家族が1番」
 
というそもそもの仕事に対する価値観が違うので、仕方ない部分ではあります。
それとどううまく付き合い、組織を廻していくか?は大事なところですよね。
 
 

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!