タイ就職、タイで働くなら chai krap bkk 

海外就職・現地採用ブログ。タイ・バンコク現地採用シェアハウスを運営しています。

タイで就職した理由はなんですか?

time 2016/10/05

タイで就職した理由はなんですか?

こんにちは、チャイカプ(@genchisaiyou)です。これからタイで働きたい方、最近こちらで働き始めた方、帰国しようか迷っている方。そんな方々からよく聞かれる話題、それがタイトルにもある「チャイカプさんがタイで就職した理由って何ですか?」という質問です。
 
つい先日も、プラカノンでトランポリンをした際に新たに遊びにきてくれた子に聞かれました。運動後に疲れきってて、まともに返答できなかったんですけどね。。。
 
人それぞれ理由はあるでしょうけど、自分の場合はどうであったか?を記載してみます。面接でも必ず聞かれる質問ですよね。
 

タイで楽しいことはなんですか?という質問

本題に入る前に。
 

日本人
タイで暮らしていて、楽しいことって何ですか?
 
という質問を受けることもあります。こればっかりは自分で考えて下さいとしか言いようがないですね。
 
正確にいうと、「まずタイに行ってみて 、自分で探して心で感じてください。」かな。「楽しい」という感情の答えは人それぞれだと思うんですよねぇ。
 
よくうちにも何でも聞いて来る方がいて、「いいからググレカス」と言いたくなることもあるのですが、w ちゃんと答えています。でも、この場合は違いますよね。
 
楽しみ方を教えることはできないでしょう。サッカー観戦の楽しさは?トランポリンの楽しさは?答えることはできますが・・・。
 
質問者も深い意図があるわけではないのでしょうけど、感情に紐づく部分は、まずはやってみないと判断つかないよねって話です。閑話休題。さて、本題にいきます。
 
 

タイで就職した理由×3

1:暖かい気候と明るい天気

sunny
いきなり冒頭に天気を持って来ました。これ、言うタイミングを間違えると面接官から「こいつ頭大丈夫か?」って思われるので、お気をつけください。w 
 
私は寒い気候がダメなんです。30年近く日本に住んでいましたが、冬に布団から出るのが苦痛で仕方ない。東京には雪なんてふらなくていいってずーっと思っていました。
 
天気って自分でコントロールできないじゃないですか?努力で云々っていうものでもないし。だったら、場所変えるのが合理的だよね?っていう思考です。
 
まぁ来てから思ったけど、タイは雨季の時期は夕方からのスコールと雷が半端ないですけどね!これ書いている時も停電起きましたからね!w でも1日中ずーっと雨が降ることは少ないので、そこは良いところです。
 
あと、私はアレルギー性鼻炎持ちです。そしてハスウダスト(ほこりとかね)にも弱いです。ただ不思議なことに、タイに来てからは鼻炎に悩まされることが減りました。おそらくですけど、気圧の変化に私の身体は弱いんでしょうな。
 
日本の四季は好きだし、冬以外なら日本にいたいんですけど、私の身体には合わないんですよねぇ。これもねぇ、なんとかなればよいんでしょうけど。花粉症の時期だけは、同じ苦しみを味わう人が増えるので、理解してもらいやすいんですw
 
もうすぐタイも雨季が終わるので、気候が若干変わるでしょう。たぶんその頃にお会いする方は、私の体調が悪い時期に会うことになります。。。
 
 

2:外国人との就業体験、マネジメント経験を積みたい

kaigaishushoku Interview2
これは希望・・・というよりは恐れ?に近かったかもしれません。労働力の足りなくなる日本において、今度の代替労働力として注目されている1つが外国人の雇用です。
 
遅かれ早かれ、文化の違う背景を持つ人たちと働かざるを得ない環境は訪ずれるであろう、と。だったら少しでも早いうちに体験をしておくことがプラスになると思ったわけです。
 
新卒で最初に就職した人材系の会社には、海外に支店を作る予定がありませんでした。そこで、いつまでもダラダラ働いていても仕方ないなぁと区切りをつけて辞めました。
 
もちろん、外国人と仕事をするという単純な憧れ要素もありましたよ。なので、日本国内にいるときに外国人と関われる仕事の体験を少し積んでみて(BtoC)、本当に関わってみたいかどうかを自分の体験として実感し、その上で元々のサラリーマン経験(BtoB)が活かせる海外就職という選択肢を視野にいれた次第です。
 
実際に働いてみて思うのは、人から聞いているのと、体験するのとでは雲泥の差があります。本当、何度タイ人をぶっとばしてやろうかとすばらしい体験をさせてもらっておりますw
 
 

3:経済発展が著しい国で住んでみたい

bangkok-jam
すごいざっくりした感覚ではありますが、、、それまでの社会人生活では不況と呼ばれる日本でしか私は働いたことがなかったんですね。出張で海外に行くことすらありませんでした。
 
だから経済が伸びている国で働く、住むということはどういうものなのか?というのを肌感覚で知ってみたかったという気持ちがありました。
 
例えばタイの雇用情勢。日本のように「石の上にも3年」なんて言葉は微塵もありません。少しでも給料が上がる場合は颯爽と去ります。
 
実際にタイの失業率は約1%ですので、「仕事を失うのが怖いから、転職控えます」なんて聞いたことがないです。元同僚が、気づいたら取引先で働いているとか、よくありますよw
 
ちなみにタイのお坊さん。実は半数近くが肥満です。経済発展してバンバンお布施もらってます。捨てるのもったいないから食べちゃってメタボってすごいな。
 
タイ人っていざとなればこういう道もあるわけですし、そりゃ~「今の仕事=人生」にはならないですし、働くことへのプライオリティは下がりますよね。
 
 

まとめ

IMG_2598
思い出すままに3つに絞って書いてみました。実際の就職面談の際は、相手の食いつき具合や状況によって話す順番や盛り込む量は変えてましたけどね。
 
 
タイに移住して仕事を探すその前に。タイに住む条件を整理してみるでも書きましたが、まだタイに来たことがない人は、まずは1度は来てみることをおすすめしております。
 
さて、あなたがタイで就職した(したい)理由ってなんでしょうか?良かったら教えてください。



 タイ就職に関連する人気記事
タイ就職やアジア地域で転職をしたい人におすすめの海外就職サイト
タイ就職インタビュー一覧
タイ就職がしたい人へ。日本人がタイで働くための最新事情を人材紹介会社に聞いてきましたよ!
 人気記事ピックアップ
タイ就職、現地採用インタビュー 齋藤奈々子
現地採用で働くことと、その後ってどうしますかって話し
タイで海外就職をした現地採用向け賃貸アパート&コンドミニアム(11)
------------------------------------------------------

個人・法人のお問い合わせはお問い合わせからお気軽にどうぞ。
「chaikrapbkk(チャイカプ)」はバンコク情報ブログランキングに参加中です 。


follow us in feedly 

↑タイ就職、タイの現地事情を早く知りたい方は登録をおすすめします。

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!

sponsored link

管理人

チャイカプ

チャイカプ

198●年生まれ。これまではアジア計12か国を旅行し、フィリピンと香港は3ヶ月ほど生活をしておりました。 2006年より人材系の職業を中心に約6年ほど日本で就業後、 2013年12月よりタイに在住、現地採用として日系企業で働いております [詳細]

無料で手軽に更新情報をGET

follow us in feedly

sponsored link

アーカイブ

本日の読者に人気の商品!