海外で日本人が働く方法。 お金をもらって海外就職体験 3(+1)選




お金をもらいながら、海外就職体験ができるプログラムを抜粋してみました。「海外で働きたい!けどお金もないし、語学力は微妙。資格もスキルもなし、そもそもいきなり働く度胸もないし。。。」
 
そんな方には、海外で本格的に働く前のワンステップとして、実は色々なプログラムが用意されているのをご存知でしょうか?
過去には、
 
 
テンプ株式会社テンプスタッフ スカラシップ制度(女性のみ)
 

 

 

paspna株式会社パソナ 中小企業グローバル人材育成事業 PASONA

 

 

パートナーズ日本語日本語パートナーズ
 
・人材会社が独自に開催するもの
・国や地方から企業が受託して行っているもの
・独立行政法人が募集しているもの
 
などなど、実は色々あります。上記全てのプログラムに知り合いがいますが、現在も海外で就職したり起業して頑張っている人もいますよ。海外インターンシップの社会人版といったところでしょうか。
 
ちなみに日本語パートナーズは2020年までに3,000人以上を派遣する予定です。
 

東南アジアでの日本語教育を手助けする補助的な教師・パートナーを派遣しようという国際交流基金の取り組みで2020年までに3000人を送る計画だ。

 
 

他にも、現在募集しているものでは、

tobitate

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
  ※日本の大学・高校等に在籍する学生・生徒を対象
 
海外就職がしたいけど、すぐに実行するのはなぁ、、、という人。国・地方・独立行政法人・企業などを、上手く活用して挑戦してみてはいかがでしょうか。
 
ここまでに挙げたプログラムの中で、募集要項に語学力と書かれているにもかかわらず、TOEIC200点台で応募して受かった猛者も知っています。(その劣る部分を上回るポテンシャルや経験をアピールしたのでしょう)
 
何となく海外で働くのは~?と、空想・妄想をしてネットで調べただけで終わるのではなく、機会があれば迷わず行動してみてくださいね。やらなきゃわからないことはたくさんあると思います。
 
ちなみに私たちに聞きたいことがあれば、ご遠慮なく下記から質問して下さい。
 

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!