海外で働く現地採用の魅力が4つ判明したようです。




先日、twitterを眺めていたら、「海外で働く現地採用の魅力はなんでしょう?」っていうツイートが周ってきたので、回答するとともに、結果を追ってみました。
 
 

現地採用者185人のアンケート結果


上記の飛んで火にいる夏のミニオンさんがtwitter上でアンケートをとっていらっしゃいました。結果が上記です。
 
この方はベルギーなんですね。世界中から回答集まってて、すごいですねぇ。あくまで選択式なので、どんな想いがあるかまではわかりませんが、これから来る方にもご参考になる回答かと思います。
 

37%勤務時間が短いので残った時間で色々出来る

さて、タイの場合。日系企業と外資ではだいぶ変わってしまいますが、日系企業はサービス残業が多いですね。付き合いの飲みも商社だとかなりあるようですし、入る会社次第で大きく変わるかなぁ。
 


 
それでも日本よりは残業が少ない方が多い気がします。私もなるべく定時付近で切り上げて、チャイカプ用の記事書いたり、お客様対応していますね。
 
ちなみにコールセンター系は、給与が低い代わりに定時で帰れるようです。
 

 
 
 

30%異国文化関連の新しい発見の連続

在タイして2年半が経過するので、さすがに新しい発見やドキドキは減っていますが、うちに来るお客さんの声を聞いていると、「あー確かにそんなん思ったわー」というのが多いですね。
 
良い意味でも悪い意味でも、タイ人に驚かされることはありますからねぇ。
 
最近だと、、、クレームの謝罪に行くアポに30分遅刻してくるとか。大事な書類を紛失して平気な顔してるとか。あれ、、、悪い意味ばかりがフラッシュバックしてくる・・・w
 
ちなみに私は、仕事を始める前に、まずは現地の雰囲気を知ってみることをオススメしてます。
 

 
 

18%実力主義だからチャンスいっぱい(年功序列じゃない)


日本だとベンチャーがこの傾向が強いですが、海外支店って基本的には日本に比べて少人数で運営してます。必然的に、ベンチャーって呼ばれるような会社以外でも、色々な仕事をカバーしてやらざるを得ない環境が待っています。
 
そして、がんばればそのまま現地採用でTOPまで上がれる会社も中にはありますよ。
 
 
 

15%語学を活かせる

タイ語、英語は嫌でも使用できます。タイ人混在の会議は必然的に日本語はないですからね。まぁでもルー大柴をひどくしたような会話をたまにしてます・・・
 
「あにー、already finish でしょ?」とか、タイ+英語(文法おかしい)+日本語という、もはやカオスw
 
これ、違う国行ったらまずいよなぁーって思いながらも、もはや片言タイ語が刷り込まれてますねぇ。。。歌手のGACKTは5ヶ国語話せるらしく、酔っ払うとめちゃくちゃな会話になるようですが、ちょっとだけ理解できました・・・w
 
でも、タイ語や英語で会話してて、笑いを取れたりすると楽しいですよね~。
 
海外で働きたい方、下記はタイで働いているインタビュー記事等、タイ就職までの道のりをまとめていますので、よかったらご参照ください。

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!