海外生活の必需品。タイに赴任したら必要なものを駐在員にも聞いてみたよ。




こんにちは。チャイカプです。
 
この記事ではタイに海外赴任することになった際に必需品となるものについて紹介します。
 
海外に赴任する際は急に決まることもあり、国によって何を準備したら良いかは分からないですよね。タイは比較的発展しているけど、これはあるのかな?あれは必要なのかな?などなど。
 
そんなお悩みを解決するべく、私の経験+周りの駐在員の方の話も聞きながらまとめてみました。
 
ちなみに私は2013年12月にタイに移住しました。海外転職した当時はタイに旅行したことはあっても、生活をしたことがそれまでなかったので、何が必要で何が不必要か100%完璧には判断できませんでした。
 
結果、わたしは羽田空港で超過料金扱いを受け、アディダスのスニーカー(1万円相当)を捨てて余計なものを詰め込んで渡航しました。タイは比較的何でも揃うので、今思えばもったいなかったなぁ、、、と。
 
というわけで、タイにお引越しするにあたって、私が「海外生活に持ってきてよかったもの」「いらなかったもの」を列挙いたします。ここに載っていないもので、「●●ってタイにありますか??」などの質問があれば、お気軽にこちらよりメッセージどうぞ。
 
 

海外生活の必需品~私が持って行く「必要がなかったもの」

*変圧器

 
タイの電源プラグ・コンセントの形状は、日本と同じAタイプが使われています。変換プラグなしでも日本のコンセントに差し込むことができますよ(電圧は違います)。
 
電圧が違うのか!と思って、私は全世界対応の変圧器/変換プラグを買ったのですが、、、これ、すごく重いんですよね。苦笑
 
海外旅行に行く時くらいにしか使わないですし。重量制限考えると別に無理して持っていく必要はなかったな、と。
 
なぜなら、全世界でに販売されているiPhoneなどの携帯電話、デジタルカメラ、ノートパソコン等の充電器は、220Vに対応している製品も結構あります。説明書や家電量販店のお兄さんに対応電圧を確認してみるのが、おすすめです。
 

 
 
 
*フローリング用取り換えシート(ウエットタイプ)

 
売っていないと思って靴を入れるスペースに詰め込んできました・・・w
DAISOのような均一ショップはありますので必要がなかったですね。
 
 
 
*ユニクロ、H&M等の衣類

 
古着屋が好きなので、安物衣類は現地調達が可能ことは知っていました。ただ質がある程度良くて長く使えるユニクロ系はないだろうと思っていましたが、ユニクロ、H&M、GAPなどは駅から歩いてデパートに買いにいけます。
 
 
 

海外生活の必需品~これは持っていく必要あり

*ノートパソコンやタブレット端末

 
現地で売っているOSは英語版が多いため日本語が必要な人は持ち込んだ方がよいかと思います。使い慣れているPCじゃないと、最初はなにかと余裕がないのでストレスにもなりますし。
 
私は当時1.5KgのPCを購入しましたが、タブレットを持っていない人はもっと軽くてある程度のCPUを積んだものを選ぶといいのじゃないでしょうか。これはCore i5、重量0.77kg。軽いなぁ。
 
 
 

私はこちらのNECのシリーズを購入しました。軽くて持ち運び安いので、短期旅行なんかにも持参しています。
 
そういえば、タイでは日本語キーボードは売っていませんので、使いたい方は日本からPCを持参する必要がありますね。
 
 
 
*外付けHDD

データのバックアップ先として、PCに入れておけるタイプのSDカードも買っておきました。まぁクラウドに置くケースが多いのですが、物理環境にもおいておこうかな、と。
 
 
 
*モバイルバッテリー

慣れない国で携帯のバッテリー切れは切ないですよね。タイでも安く売っているし使えるんですけど、品質がね。。。w
 
移動で充電もなくなると思うので、日本から持ってくる方がいいと思いますよ。これは、モバイルバッテリー の 売れ筋ランキング1位らしい。
 
 
*スマートフォン車載ホルダー

スマートフォンを車のダッシュボードに固定するためのホルダーですね。車をこちらで運転する予定のある方は是非。カーナビ、こちらは基本ございませんので。運転しながら携帯カーナビを見るには便利かと思います。
 
 
*SIMフリー携帯

 
空港ですぐにSIMカード買って使えるようになりますからね。今は日本でも売っているんですよね?良いなぁ。
 
 
*海外用ドライヤー

 
タイの電圧は200-220ボルトV。日本の100V対応機器は使用出来ません。変圧器は重たいので、海外用ドライヤーを購入してきたほうがいいですよ。電圧切替スイッチが付いているタイプが便利です。
 
 
*電子書籍(Kindle)

 
先日も書きましたが、バンコクの日本語書籍がある本屋さんについてで書いたとおり、バンコクでも本を購入は出来ます。しかし、空輸なので比較的新しい本は高いんです。
 
「海外でも本を読みたいけど、持っていくのはかさばるし重たい」という方には電子書籍ですね。iPhoneのKindleアプリはサイズによっては画面が小さくて読みにくいし、充電減りが激しいのでkindleやipad等がよろしいかと。
 
 
*タイ人に配れる日本らしいお土産

 
東京ばな奈や抹茶味のキットカットとか。でも、これらもタイで購入できることに最近気づいてしまいました。
 
 
<その他>
*使い慣れた薬
ツルハ薬局もありますが、念のため持参するのが良いですね。
 
*ポケットティッシュ
トイレには紙がないこともあります。まぁデパートにはありますけどね。
 
*真空パック
持って行く、、、というよりは荷物をまとめてスーツケースに詰める際に、使うかなと。特に衣類ってかさばりますからね。
 
 
 
いかがだったでしょうか。海外生活をやる中で最初の渡航って何かと不安ですよね。海外移住、というかタイへの移住が決まった際には是非参考にしてみて下さい。
 
まぁでも最悪パスポートとお金(現金・カード等)があればなんとかなりますからね。それだけはお忘れずに。
 
 

2016年4月18日追記:一時帰国時に購入してきました

*USBポート

こちらはポートが4つあるUSB用のアダプターです。友人とカフェで作業するとき、また家にお客さんが来る時にも重宝できると思って買いました。
 
iphone6以降とタブレットユーザーは2.4Aを使用して、それ以外は1.0Aを利用します。全世界の電圧に対応しているので旅行にも便利です。もちろんタイでも利用できています。
 
 
 

2017年1月28日追記:タイで働いている友人にも聞いて見ました。

駐在員、現地採用として働いてる友人にも『タイ生活をする上で、わざわざ日本から持ってきたもの』を聞いてみました。
 
*砥石

 

Tさん
バンコク中を探しましたが、包丁を研げる砥石が見つからなかったんですよね・・・。なので日本で購入してきました。
 
 
 
*子供用の可愛い長靴

 

Mさん
可愛い長靴でお手ごろ価格のものが見つからなかったので、私たち夫婦は日本で購入して持参しました 。
 
 
 
*フィッシュロースター

 

Mさん
上記のフィッシュロースターは去年、購入しました!すごくいいです!塩焼きがすごくおいしいです。
サーモンの切り身や、サバなどを置くと、センサーで美味しく焼けます。塩を振った手羽先など置くと焼き鳥ができます!
 
とのことで、かなり力説を受けました。amazonのレビューも、

焼き魚が食べたいけど部屋の臭いが気になる(特にマンション住まい)の方にぜひおススメします。キッチンが狭いので購入するのを躊躇していたのですが思い切って買ってよかったです。

かなり評価が良いみたいです。タイは日本でいう換気扇がないんですよ。かなり高い物件でもないんです。風を送るだけの扇風機みたいなのはあるんですけどねぇ。。。
 
なので、煙が出やすい料理をしたい方には、こちらはかなりオススメかと思います。

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!




1 個のコメント