ハングオーバーを見てタイのロケ地に行ってみたくなる




映画ハングオーバーを見て過ごす休日はいかがでしょう。トッド・フィリップス監督の全3シリーズ。シリーズ2作目のハングオーバー2はロケ地にタイが選ばれていますよ。これを見てロケ地に行ってみたくなった方も多いのでは??
 

そもそもハングオーバーの意味って??

hangover
直訳すると、二日酔い。または(興奮や楽しいことの後の)失望感・倦怠感という意味ですね。飲みすぎた後や、月曜日を迎えて憂鬱な気分の時に使う言葉ですね。
 
 

ハングオーバーシリーズのあらすじ

結婚式を間近に控えたダグは、悪友2人と新婦の弟を連れ、独身最後の夜を満喫するためラスベガスへと向かう。翌日、酒やギャンブルでバカ騒ぎをした4人はひどい二日酔いで目覚め、前夜の記憶はすっぽりと抜けていた。さらにホテルの部屋にダグの姿はなく、代わりに1匹の虎と乳児がいた……

まぁ、とにかくむちゃくちゃですよねw
秘密に隠された前の晩の騒ぎの正体はエンドロールで分かります。
 
それぞれの予告編はこんな感じ↓
 
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)
 


 
『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』(2011年)[編集]

 
『ハングオーバー!!! 最後の反省会』(2013年)

 
 

ハングオーバーでロケ地になった場所

shirokko
スカイバーバンコク(Sky BarBangkok)
ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)」の最上階にあるレストラン「Sirocco(シロッコ)」内にある”Sky Bar”です!地上247メートルにあるルーフトップバーとして超有名です。冒頭の画像もこちらの写真です。
 
ドレスコードがあり、大人も子供もサンダル、短パン等では入れないですよ。女性のワンピースは問題ないようです。飲み物だけでも1杯3000円くらいしますので、実はまだ私は行っていません(笑)高いところにあるので風も比較的強いです。いずれにせよ長袖を持参したほうがいいですね。
 
ちなみにハングオーバーのロケ地として他にはカオサン、ピピ島、プーケット、クラビのリッツカールトンなども撮影に使われたようですね。
 
ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)(Agoda) 
 
 

余談:ランパンプスのハングオーバー!!

全く関係ないですけど、吉本の芸人さんでランパンブスというコンビがいるようですね。このコンビが2015年4月10日まで「ランパンプスのハングオーバー」というpodcastをやっていたそうです。その影響でハングオーバーを調べていたら出てくる(笑)初めて知りました。
さて、DVDでも見てそろそろシロッコのスカイバーデビューでもしますかねぇ。
 

 

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!