タイの日帰り旅行。Bangpoo Resortで綺麗な夕陽を眺めてきました。




綺麗な夕焼けとバード・ウォッチングができる日帰りデートスポットのご紹介です。今年の雨季は長かったですが、ようやく乾季に入り夕立の心配もなくなったので、行って来ました。
 
かなりの至近距離で餌をあげることもできますよ~!!
 
 

Bangpoo Resortって?

bangpoo-resort

1934年にバンコク市民のためにつくられた保養地。真珠湾攻撃と同日の1941年12月8日、旧日本軍約1,000名が、現在海上にあるレストランへ架かかるスックター橋へ上陸したという歴史があります。チベットやモンゴルなどから飛来するカモメたちの越冬地ともなっており、毎年11月から5月までの間、その様子を見ることができます。

参照:タイ国政府観光庁

タイ人Pさん
夕焼けが綺麗な場所を見に行かない?
 
としか聞いていませんでしたが、調べてみたら日本とも縁があったようですね。そしてカモメの越冬地だそうです。
 
 
 

>Bangpoo Resortの楽しみ方

bangpoo-resort-2
よく見るとトンボがたくさん飛んでいます。夕方なので涼しくて日本の秋のような、そんな気分になれました。
 
 
bangpoo-resort-3
入り口から奥までいけるトゥクトゥクもありましたが、そこまで暑くなかったので散歩するのもありだと思います。
 
 
bangpoo-resort-6
タイ人、カンボジア、ミャンマー人など、たくさんの人が集まっていました。日本人はみかけませんでした。
 
 
bangpoo-resort-4
カモメの餌売り場はカモメが集まる場所である、橋の上にあります。10THBと50THBの多めのものが選べます。
 
 
bangpoo-resort-5
鳥のから揚げ、ですかね。
 
 
bangpoo-resort-7
カモメと夕陽のコラボです。夕陽も綺麗だったなぁ。
 
 
 


カモメが「クエー!!クエー!!」と、ものすごい至近距離を飛んできます。
 
 
 

 
 
 
bangpoo-resort-8
餌が少しベタつくので、手を洗う場所がありました。おしぼりとか持っていくのも良いですね。
 
 
bangpoo-resort-9
橋の奥まで行くと、レストランや売店、トイレがあります。
 
 
bangpoo-resort-10
家族連れもいましたけど、仲が良さそうなタイ人カップルを発見。若い頃のデートを思い出すような気持ちになりました。
 
 
 

Bangpoo Resortの場所・地図


バンコク市内からタクシーで約1時間です。行きは285THB,帰りは250THBで行けました。
 
————————–
バンプー保養地(Bangpoo Resort สถานตากอากาศบางปู)
利用時間:6時から20時まで
住所:164 Moo 2 ,Tambon Bangpoo, Sukhumvit Rd, Amphur Muang, Samutprakarn 10280
利用料金:無料
TEL:02-709-5005
————————–

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!