バンコクでコンドのジムを有効活用。自宅で始める運動報告部ができました。




こんにちは。チャイカプです。
 
タイに住むと、自宅のコンドミニアムにジムやプールが付いている方も多いかと思います。利用されてますか??
 
お客さんが来た時に案内をするくらいで、正直私、全然使っていないんですよね・・・。タイに来てからは体重は加齢と共に増加する一方。
 
これではイカン!ということで、定期的にバンコク市内にあるトランポリン施設レーザーサバイバルゲームなどには行っておりますが、せっかくなのでジムも使うことにしました。
 
とはいえ、1人でやると、運動をはじめる→挫折するになりがち。そこで仲間を募って定期的に励ますグループを作ることにしました!!
 
 

きっかけは 運動報告部


こちらの朽木誠一郎さんのツイートを見て、しっかりとジムを有効活用しようと思いました。
 
 

運動報告部、ルールと継続のコツ

ルールは簡単で運動したら報告し、報告されたら「えらい」と返すだけ!
 
これだけでグループ全員が運動を継続できました。続いた理由を分析してみると
 
理由①:運動後に褒めてもらえると最高の気分になる
運動後はただでさえ「自分…マジ偉い…」という達成感に包まれると思うのですが、さらに報告すれば「えらい」と褒められる。単純ですが、これめっっっちゃやる気が出ます。
 
理由②:誰かがやってると自分もやる気になる
一人だとすぐ挫折しますが、他人の状況を見るとやんわりとした焦りが出て「そろそろ行かなきゃ…」とやる気になれます。

 
私、ただ黙々と走ることがどうにも好きになれず。ランナーズハイはなんとなく体感したことはありますが、それでも1人だとめげちゃうんですよね。
 

しかし!ただ誰かとグループを作ればいいわけではありません。いくつかコツがあるのでご紹介しますね。
 
コツ①:部員は仲のいい2〜3人に絞れ
通知がウザいと辛いので、3人ぐらいがおすすめです。またなるべく気を使わず、返信を忘れても気まずくならない関係性の人が良いです。
 
コツ②:会話は基本「報告」と「えらい」に抑える
LINEグループで自分以外の人たちが雑談始めるとツラくないですか!?そういうイラつきを防ぐべく、部屋内は報告&褒めのみ、雑談でも運動の話題に絞るようにします。おもしろスタンプで締める♪とかも禁止!
 
コツ③:しばらく空いても責めない&自分も気にしない
どうしても仕事や生活の都合で行けない時期が出てくるはずです。誰かがそうなっても責めず、戻ってきたら褒め、自分がそうなっても気にしないことが重要!!
 
この法則をふんわり守ってグループを作ったところ、怠惰だったOL3人が運動を継続することができました。運動報告部、まじで最強です。

このコツも大事ですよね。私もトランポリンなどのグループでは基本的に関係のある会話しか流さないようにしています。
 
人数はもうちょっと居ても良いかなぁとは思っています。その辺はトライアンドエラーで。

早速LINEグループできました


友人に話したら早速グループを作ってくれました。少しづつ、走っていけたらな、と。
 
2018年という新たな年。運動報告部、入ってみませんか??気になる方は気軽にFBでもTwitterでも、コンタクトどうぞ。
 
尚、LINEはどうも・・という方は、Twitterで#インターネット陸上部 と検索すると、既に何人かやってましたよ~。

投稿者プロフィール

チャイカプ
チャイカプ
タイ・バンコクにて海外で働きたい方(現地採用)向けのシェアハウスを運営中。1日~からの宿泊も可能です。管理人もバンコクで現地採用として就業中。住人×旅行者の交流もあります。タイの人材業界にもいたので、お手伝いできることも多いかと思います。ご質問等はこちらへhttp://thaisharehouse.com/contact

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でchai krap bkkチャイカプをフォローしよう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です